« 太王四神記って結局 | トップページ | ザ・ペニンシュラ東京 »

2007/11/23

アイ・イン・ザ・スカイ〈東京フィルメックス〉

東京フィルメックスの上映作品「アイ・イン・ザ・スカイ(原題: 跟蹤)」を鑑賞。2007年の香港映画。
監督はヤウ・ナイホイ(遊乃海)、主演はサイモン・ヤム(任達華)、レオン・カーファイ(梁家輝)、徐子珊、マギー・シュウ(邵美琪)、ラム・シェ(林雪)ほか、ジョニー・トー組ご一行様~^^


最初から最後まで、息を詰めたままだった。



出っ腹のさえないオヤジのサイモンは、最後までその風体(てっきり変装だと思ってたのに)、
でも、実はとってもキレるオヤジなんだよね~。
今回は若い女性(新人)に、温かく見守り育てるという役どころってのも驚いた。
厳しいようでいて、新人の彼女を常に見守る、いい上司なんだよね。


「黒社会」でもそうだったけど、サイモンに相対する影の男にレオン・カーファイ(梁家輝)。
こちらは髪型もびしっときめて、一見おだやかな感じの好オヤジ。
(内心は常にピリピリ周りを気にしているのだが、なんとも悲しい役どころ。だけど、それがまたいいんだね)。

それにしても、カーファイ、
あのときのコワ~イ顔が強烈に印象に残る。・・・・・窓際で着替えるおねぇさん・・・てのがおかしかったけど。


この映画を見たら、
香港という街には、
黒社会の人間か刑事しか歩いていないんじゃないの!? と誤解してしまうよ。

それほどまでに、緻密でリアルに思えてしまう内容だった。
香港に行ったら、宝石店の周りには近づくのはやめよう! と思ったし(笑)

で、犬頭(サイモンの役)が、ちゃんと生きていてくれて救われた~

|

« 太王四神記って結局 | トップページ | ザ・ペニンシュラ東京 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/17166618

この記事へのトラックバック一覧です: アイ・イン・ザ・スカイ〈東京フィルメックス〉:

« 太王四神記って結局 | トップページ | ザ・ペニンシュラ東京 »