« ゴッド・ギャンブラー ビギンズ | トップページ | テレビ...... »

2007/11/07

デスパレート 愛されてた記憶

デスパレート 愛されてた記憶」をレンタルで。アン・ホイ(許鞍華)監督、主演はビッキー・チャウ(趙薇)、原題「玉観音」。

邦題にすご~く違和感を感じるのは「デスパレードな妻たち」という海外ドラマのせいだろうけど、
この映画の雰囲気だったらカタカナタイトルはやめたほうがよかったのでは? と、つけた人のセンスに?
「玉観音」のまんまでいいじゃない。

原作がある話のようだけどね、
麻薬捜査官のアンシン(ビッキー・チャオ)ってば、
愛する男を失う、とてもかわいそうな女性なんだけど、
でも、すぐに次の男が現れる・・・・って、なんともうらやましい話じゃないか!!

という話じゃなくて、
麻薬捜査官とジャーナリストとの恋に、別の男(実は麻薬密売人だった)との恋が絡み、
殺し合い、復讐に燃え・・・・・と、
なんだかとってもハードボイルドな内容になっていた。
そして、
悲惨としかいいようのないラスト。


この映画を見て思ったこと。

結婚して子どもが生まれたのに、妻は危険な仕事を夫とは別居のまま続け
だから乳飲み子は安全な夫のところに預ける・・・・・なんてのは、
男女が同等に働く中国ならではの設定だろう。
日本だったら、はなからフィクションとしか思えないから。

そして、アン・ホイ作品としては、
何か中途半端な感じがしたんだよね。
容赦なく銃弾が飛び交うところはらしいけれど、
なんというか、骨太さがあまり見られなかった気がする。


サイト

|

« ゴッド・ギャンブラー ビギンズ | トップページ | テレビ...... »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/17000024

この記事へのトラックバック一覧です: デスパレート 愛されてた記憶:

« ゴッド・ギャンブラー ビギンズ | トップページ | テレビ...... »