« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

スープカレー ~奥芝商店~

伊勢丹で開催中の「冬の大北海道展」。

今回もスープカレーがきているので、よし! と食べにいった。

奥芝商店の道産きのこと野菜のチキンカリー。1,200円也。


10分ちょい待たされ、
ちょっと厚手の大きな器に入って運ばれてきた道産きのこと野菜のチキンカリー。
チラシで見た写真よりボリュームダウンなのは仕方ない(笑)

さて、どんな味? わくわくとスープを飲んでみた。

------いままで食べたことのあるスープカレーとぜんぜん違う味がする。

なんだろう? と考えるまもなく
隣のテーブルで先に食べていたOLさんの会話が耳に入ってきた。
「チキンにエビのスープってどうかと思う」と---

そうだ、このスープはエビの味!

帰ってきて大北海道展のページを見たら
数種のエビを合わせた濃厚なスープで多くの支持を集めている、札幌の人気スープカリーショップ<奥芝商店>が初登場。
ちゃんと書いてあるじゃないのね^^;


チキンがやわらかくおいしかった。小ぶりのじゃがいもも。
でも、メニュー名にもなっているきのこは・・・気持ちばかりのしめじと1片のまいたけだけってのはどうだろう?
やはり、OLの会話「(このカレーが高いのは)北海道は、きのこが高いんじゃない」。
---そうかぁ!!(笑)

というわけで、完食しておなかいっぱいになったものの、
このスープカレーはいまいちだった。

だって、1,200円という値段でこれ
ってのはねぇ・・・・・


ところで、茶碗に入ったご飯には串型に切られたレモンがのっていたんだけど、どうしたらよかったのだろう?

運ばれてきたとき、店員さんがレモンの使い方を教えてくれるかと思いきや、置いたらさっさといってしまって聞く間がなくってわからずじまい。
初登場なのだから、食べ方教えてくれたらいいのにね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/30

インファナル・アフェⅢ 終極無間

インファナル・アフェアIII 終極無間「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」をテレビで見る。
3部作の最終章は、どうにもこうにもやるせない、
閉塞感いっぱいの作品なんだよね~。

加長版でしかもノーカットのはずなのに、
気がつけばもうクライマックス。


暗くていやだなぁ、と思っていても、
やっぱり面白いってことなんだな、と改めて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/28

インファナル・アフェア

インファナル・アフェア 3部作スペシャルパック【初回生産限定】テレビで放映された「インファナル・アフェア」、また見てしまった。

もう、何度もなんども見ているけれど、
それでもやっぱり面白い映画だ。

見れば見るほど、味わい深いというか、
映画としての面白さ、
細かいシーンの面白さ、
そして、俳優のすばらしさをしみじみと感じてしまう。


明日はラウとヤン(そして、ウォンとサム)の若き日を描く
「インファナルアフェア無間序曲」、こちらもいいんだよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/27

サンキュー・スモーキング

サンキュー・スモーキング (特別編)2006年の米映画「サンキュー・スモーキング」をDVDで鑑賞。

私の大キライなタバコ、そのロビイストを務める男の話。

「彼は嘘をつかない。ただ、真実に手を加えるだけ。」という宣伝文句、
これにとても興味をそそられる予告で、とても見たいと思っていた映画だった。


情報操作王と異名をとる主人公の考え方、そして話術のすばらしさに感服するも、
この映画、
実はそれを描いているわけではなかったみたい。

父と子、
お互いの気持ちがよく描かれている映画だったんだ。
それも、
よくありがちな説教くさいものではなかったから、よかったんだよね。

自分を信じる息子の前でとった態度の潔かったこと!!

ところで、息子をやった子って、
バタフライ・エフェクト」に出ていた子だったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/23

イノセントワールド 天下無賊

イノセントワールド  天下無賊「イノセントワールド 天下無賊」、監督フォン・シャオガン(馮小剛)、アンディ・ラウ(劉德華)、レネ・リウ(劉若英)主演をレンタルで見る。

やはり、字幕がついていると映画の内容がよくわかっていいものだ。
中文のみで見たときは、わからないことだらけで、
だから、
アンディ演じる夫のイケてない髪型も手伝って、
あまり印象のよくない映画となってしまったのだけど、
こうやって見直してみると、
なかなかよい映画ということに気がついた。

人を疑うということを知らない、田舎へ帰る若者の純粋さ。
そして、
わが子を思い、夫を思い、若者を思う妻の思い。
をれを受ける夫の思い。

なんとなく薄暗い鉄道の中で、
ほんわかと、あたたかい空気が流れているような、そんな映画。


とはいえ、
日本語字幕で見ても、なぜ夫がヅラ姿だったのかがわからなかった。
警察をまくため?
なんだったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/22

ドコモダケパラダイス

超がつくほど単純なゲームにはまりやすい私。

今回買った携帯N905iには、私好みのゲームが入ってなかったのだけれど、
「ドコモダケパラダイス」というパズルゲームを手に入れた。

これがすごく単純なもので、
だから、
ついついはまってしまっている。

・・・・・・
寝なくっちゃ、と(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/21

ドラマ 佐々木夫妻の仁義なき戦い

TBSで始まった日曜劇場「佐々木夫妻の仁義なき戦い」を見た。

弁護士夫妻のコメディな生活。
依頼された仕事は、かなり地味。
それも、人情に訴えるような内容で・・・・・・

コメディと人情と、そこに裁判という硬い要素を入れ込んで、
おもしろいな~、と見ていたけれど、
あとになって思うと、
なんだかどうにもしっくりこないドラマのような気がしてきた。


なんだろうな、この違和感は。
弁護士夫婦に都合のよい依頼がくることへの違和感が強いのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/19

やっと見れた~、第2話

Yahoo!動画で無料視聴できた「私の名前はキムサムスン」が終わって久しい。

見始めたときにはすでに2話までの配信が終了してしまっていた。

続きを読む "やっと見れた~、第2話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/18

ドラマ 鹿男あをによし

きょうから始まった「鹿男あをによし」。

主人公をじっと見つめるシカが、
まるっきりつくりもの感があるのが、妙に新鮮だ(笑)


話がぜんぜん見えないけど、
なんだか面白そう。


原作
鹿男あをによし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

ドラマ エア・シティ

韓国ドラマ「エア・シティ」、
先週からテレビ東京で開始。

先週は、出勤後に知ったからタイマーセットもできず見れなかったのだけど、
きょうは、ちゃんと録画しておいた。


チェ・ジウは、まあおいといて、
イ・ジョンジェが出てるから興味はあったんだよね~。


・・・・・・・・・
どうなんだろう。初回を見逃しての2回目だけだから、話がよく見えてこなくて^^;

とりあえず、来週も見てから感想書きましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/16

日本インターネット映画大賞・外国映画部門へ投票

日本インターネット映画大賞の外国映画外国映画部門へ投票。
(投票の規定などについては、上記リンクよりご覧あれ)


続きを読む "日本インターネット映画大賞・外国映画部門へ投票"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本インターネット映画大賞・日本映画投票

洋画に引き続き、日本映画にも投票。
(ほとんど見てない中から投票するのって、無謀かな?^^)


続きを読む "日本インターネット映画大賞・日本映画投票"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

メガファイティング

祝日スケジュールで、
新宿店でファイティングラッシュが行われるとあり、
久々に、行ってきた。

メガファイティングということで60分、いつもより15分長いプログラムだ。

いや~、楽しかった。

ヘロヘロになったし、
ぼけっとしてて、ついていけてないところもはは多々あったけれど、
汗、いっぱいかいた。


こういうのって、いいよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

ヤッターマン

BSアニメ夜話 Vol.6 (6) (キネ旬ムック)「ヤッターマン」が始まった。

なつかしさのあまり、見てしまった。

ガンちゃんとアイちゃんが、
タツノコプロでござい!! という、
あの独特のタッチが薄れたキャラになっていたのは、
現代になじむように、ってことなのかな。・・・仕方ないね。


でもでも、
ドロンジョさまと、ボヤッキー、トンズラ、そしてドクロベエまでもが、
昔見たのと同じ声優サンがやってくれてる!!
これは、すっごく嬉しいことだ♪

やっぱり、こうでなくっちゃ「ヤッターマン」じゃない!!
------というのは、大げさすぎるかな(笑)


とにかく、
なつかしさと現代風にアレンジされた台詞などが、
妙な具合に溶け合って、楽しかったな。

毎週見逃せないかも(笑)

こちらは初代
ヤッターマン DVD-BOX1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

ドラマ 感染爆発~パンデミック・フルー

NHKスペシャル、「シリーズ 最強ウイルス 第1夜 ドラマ 感染爆発~パンデミック・フルー」を見た。

あくまでもフィクションのドラマだけど、
このドラマは、近い将来起こりうる最強ウイルスについての警鐘を鳴らしている。

怖い。

だけど、ただ怖いといっているだけではいけないんだろうな。


実際に、
こんなことが起きたら、
一般人である私は、一体どうしたらよいのだろう。


明日の第2夜を見ればで、何をしたらよいかがわかるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/12

新福菜館のラーメン

伊勢丹の今週の催事は京都展。

夕方、小腹が空いてしまったので、何か食べようと向かった。

みたらし団子のいい香りにひかれたけれど、4本もいらない・・・・

コラボコースは魅力的だけど、3,780円はちょっと^^;

てなところに、683円という手ごろな値段でラーメンがあった。
新福菜館の中華そば。

運ばれてきたラーメンのスープは真っ黒。
全面にチャーシュー、真ん中にこんもりとネギがのっていて麺は見えず。

真っ黒なスープは、見た目の通り濃厚。おいしい。
麺は、まさに中華そばといったものでなつかしさを感じてしまった。


正月から、ずっとラーメンをたべたかったから、満足^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマ エジソンの母

きょうから始まったドラマ「エジソンの母」を見た。

伊東美咲のカレが谷原章介・・・・って、
山おんな壁おんな」のときの片思いが実ったのか??
と思ったのだけど、
どうも婚約破棄されてしまった様子。

その理由が
 おもしろくない
なんだってさ。

リヨン・ショーったら、
あいかわらずヘンな役だ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/11

ドラマ おシャシャのシャン

NHKの単発ドラマ「おシャシャのシャン」を見た。

230年続く村歌舞伎が、主演が舞台に立てなくなって存続の危機?
このまま途絶えさせてはいけない! と、観光課の職員(田畑智子)が手配した歌舞伎役者は・・・・


おもしろかった。
田畑智子はああいった役どころがうまいよね。
歌舞伎役者亀志郎をやった尾上松也は初めて見るけど、こちらもよかったな。


そうえいば、祢津西宮の回り舞台を小学生のころ見学したことがあったな、
と思っていのだけど、
このドラマの舞台となっている村歌舞伎も大鹿村という、長野県の村だったということを後で知った。
・・・・大鹿村、どこだろうか?^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/10

ドラマ あしたの、喜多善男 で

火曜に始まった「あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~」(なんとも、長いタイトルだ)。
見てないのだけれど、
きょう、電車の中でこのドラマの広告を見かけた。

むむ・・・・・・


この色使い

人の配置振り向き加減・・・・

中央にいる人(喜多善男)はちょいと違うけど、
それを除けば、

まるで

インファナル・アフェア」じゃないかい!?

インファナル・アフェアII 無間序曲
無間道II
(「無間道III終極無間」の色合い+「無間道II」のビジュアル と、組み合わせをかえてはいるけど)


そう思った人、いないかなぁ??(笑)


公式サイトのトップページが同じビジュアルだけど
電車の中の広告のサイズがね、
いかにも、って感じなんだよね^^;


ちなみにこちらは「無間道」のパロディ版
インファナル・アンフェア 無間笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/09

ドラマ 斉藤さん

冬の新ドラマ。
きのうは何も見なかったけど、きょうは「斉藤さん」を見た。

斉藤さん、潔いねぇ。
ママ友のつきあいってのも、大変なのねぇ。うわべだけの付き合いもしんどいよね(笑)

“アッパー、フック、~、スイッチ”に思わず反応してしまったし・・・・・・


ところで、公式サイトには
斉藤さん度チェック、というものがあって、設問がどれもこれもすごすぎ^^;

ちなみに私、
2つチェックしたら 斉藤さん度40% になった。

行動する前にとりあえずまわりの状況をみてしまう

 だって^^;


原作
斉藤さん 1 (1) (オフィスユーコミックス)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/08

羽田-香港の定期便

4月から羽田空港から香港へ全日空がチャーター便を飛ばすという。
都内から成田って、遠いから、これはうれしいニュースだ。

夜出かけて、朝帰ってくる、という時間帯になるらしい。
いくらくらいになるのかな?

仕事を終えて羽田~香港、
香港から羽田に戻ってそのまま仕事へ・・・・・は、
さすがにできそうにもないけれど、
詳しいことが発表されるのが楽しみ♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/07

突発性難聴

突如として注目を浴びた突発性難聴

耳のきこえが悪くなったら、放っておいてはだめ。すぐに医者にみせなさい
もう10年以上も前のことになろうか、
耳鼻科の医師に言われた言葉を思い出す。

春先、
忙しくなる時期のある朝、右耳に違和感を感じたものの、
そのうちよくなるだろう、と放っておいた。

なんだかもわ~んとした感じで、音がよく聞こえてこないのが、1か月たってもとれず、
いよいよ医者に行ったら
いきなり点滴となった。

人生初の点滴・・・・・

突発性難聴と診断され、
健康診断でやるのよりずっといろんな音を聞く聴力検査を行い、
数回の通院(点滴)で聴力が元に戻った。


後で知ったのは、
突発性難聴を侮ってはいけないということだった。
下手をすると、そのまま耳がきこえなくなってしまう病気だったなんて・・・・・

私は運がよかったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

ドラマ 鹿鳴館

鹿鳴館2008年、最初の悩みはたわいもないことだった。

「のだめカンタービレ」にしようか「鹿鳴館」にしようか・・・・・・・
結局
「のだめ」を録画し、「鹿鳴館」を見ることにした。

田村正和は迫力あったね~。
黒木瞳は・・・・踊ってた^^;


三島由紀夫原作の「鹿鳴館」を知らないから、実はよくわからないのだけれど、
なんだか、
いまいちわかりにくかったな。

豪華絢爛さをかなり期待していたのだけれど、
やっぱり、テレビドラマの域を出てなくて、残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/04

歩く

通常、何にもなくても増量してしまう私。

年末年始は、いったい何割増量してしまうのか・・・・・
でもね、
食べないわけにはいかないから(笑)


というわけで、
適当に散歩をすることにした。

といっても、そうそう散歩に時間を費やすわけにもいかなかったけれど、
1日の午後、3日の午後、
ちょっと寄り道をしながらも40分くらい、昔、自転車で通った道を歩いてみた。


・・・・・疲れた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

ノラ

「最近ノラ猫がやってくる」と父と母が言った。

父は追っ払っているようだが、
母は追っ払いもせず、ときには話しかけていたらしい。
 「残飯を食べてくれるでしょ」(笑)
確かに、生ごみを処分(=食べる)してくれるのは、実にありがたい存在で、
ごみの収集が終わってしまう年末年始の時期は、ウェルカム!! ってなもんだ。


なんと呼ぶのかな?
短い黒い尻尾の猫は、白地にキジトラ風の模様がブチになっている。
コイツはほんと、目つきが悪い。
その目つきはどう見ても野良猫そのもの。

そして、もう1匹。
そのノラが食べ終わるのをじっと待っていた洋風のトラ猫はでっぷり太っていた。
白ブチ猫よりふた回りも大きいというのにね。
新参者なのかね。よくしたもんだ。


いつかれるのは困るけど........といいつつ、
きょうも食べ残しを出してしまう我が家って(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

新年

2008_091


2008年、
いい年になりますように♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »