« 小耳に挟んだ会話 | トップページ | 中村屋のルパ »

2008/02/10

三越のレストラン アトリオ

某所で入った三越のレストラン。

なんでもある=特別おいしいものはないということは承知の上だけど、
大変な目にあってしまった。
これほどまでに、まずいモノを、あんなに高い値段で出しているとは!!


「牛しゃぶの野菜いため(セット)」というのを、
野菜が多いからいいかと思い注文したのだが、
運ばれてきたてっぺんにのっていた肉が、とても食べられない代物。

ゴムのような肉

とは、本当にこのようなものをいうのだと、身をもって知ることになるとは。


口に入れても筋が切れず、

肉も切れず、

本当は一口で食べるつもりなかったのに、全部入れるしかなくて、

入れたら口いっぱいになってしまって、噛んでもかんでも千切れる気配はなく、
巨大なガム(よりずっとまずい)を噛んでいる気分に・・・・・・・

結局、口から出した。
だって、どうしようもならなかったから。


あんなひどく筋スジの肉を「しゃぶしゃぶ」として出すなんて、
三越という看板も、ひどいものだと思う。

よほど何か言おうかと思ったけど、
いかにもやる気のなさそうな、店長っぽい人を見て、
これは言うだけ無駄、と思ってしまった。

--言っても何も改善されそうにないと、労力の無駄だから。


そもそも肉専門店でない店で、
肉そのものが調理される料理を注文してしまった自分が大失敗したわけだし。

ああ、
食事で大失敗、すっごく残念(>_<)

|

« 小耳に挟んだ会話 | トップページ | 中村屋のルパ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/40090954

この記事へのトラックバック一覧です: 三越のレストラン アトリオ:

« 小耳に挟んだ会話 | トップページ | 中村屋のルパ »