« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/30

タイヨウのうた

タイヨウのうた スタンダード・エディション映画「タイヨウのうた」をテレビで見る。

やっと、結末がわかった
というのは、この映画が公開されるちょっと前、
Yahoo!のネット試写で見る機会があったのだけど、
あと少しでエンディング。。。というところで時間切れ、
どうなったのか見逃すというまぬけなことをしていたから^^;


ラスト、
 涙が出てしまった。

彼女の両親をやった俳優が、私と同世代だからなのか、
それとも、
親のことを思って切なくなったのか・・・・・
そのあたりは、微妙なんだけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/29

いま、粉モノブーム??

なんてことはないだろうが、
久しぶりにNりんと食事をしようということに。

前に食事したときに「次は粉モノ!」にしていたから、
すっかり粉モノ気分。

 土曜の新宿の夜は、凄いね。


結局、2軒の粉モノ屋に玉砕し、
空腹に負けて、庶民派な感じの中国料理屋に入ってしまった。

紹興酒、あけちゃったね♪

食事もおいしくて、満足だったね、Nりん^^
(と、私信になってしまいました)


私信ついでに、
いただいたお菓子、明日いただきます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

海峡

海峡 DVD-BOXNHKでドラマ「海峡」の第1話を見た。
アンコール放送なんだって。昨年のらしいのだけど、ぜんぜん知らなかったな。


歴史ドラマ、それも戦争周辺の時代を描いたものは興味がある。
自分が知らない時代だから、なるべく見たいと思っている。

このドラマは、日本と朝鮮(韓国)を描いたものだった。
長谷川京子が熱演!!

・・・・・けどね、
3回で描くのに無理があったのか、
展開が速すぎてちょっと安易な感じがいなめなかったな。


とはいいながら、今後がきになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

消えたレンズ

不思議だ。

起きて、いつものようにコンタクトレンズをつけようとしたら、
ケースのなかに、レンズがない。

??????

ゆうべ、ちゃんと入れたはずなのに。


以前、片方に左右2枚とも同じところに入れていた、ということがあったから、と
確かめてみるも、1枚しか、ない。


こうなったら、大変!

急遽、コンタクトレンズをつくりに出かけることにした。

実は、以前行っていた店(と眼科)が廃業してしまってから、
初めてのことだから、どこに行ったらいいの?? と、探すことから始めなくちゃならなかったけど、
とにかく、なんとか目に入れて帰ることができた。

ほっ。


それにしても、ソフトの使い捨てレンズを買う人が多いんだね。
私以外、みんな使い捨て買っていた、といってもいいほどだったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

世界フィギュア_女子

テレビで「世界フィギュアスケート選手権大会」女子フリープログラムを見た。

浅田真央選手の金メダルで沸いていたけど、
私が注目していたのは中野友加里選手。

この人、
調子が悪いときの表情の怖さが半端じゃない。
氷上での笑顔とのギャップの激しさが好きなんだよなぁ。


その中野選手。
最初のジャンプ、トリプルアクセルを決め(回転不足とジャッジされたらしいが)
その後もノーミスで、見事なすべりっぷり。
表情もおだやかで、
赤い衣装も映えて、すごく印象的な演技だったんだよね。


結果は、4位。
自己ベストを出して、順位も今までの5位からアップしたから本人も笑顔だったけど、
3位に入るかと思ったのにな。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

ジーパンを買う

ジーパンを買った。

気軽に履けるから、休日というとジーパンを履いている。
ふと気づいたらいつも履いているものが、股ズレにより擦り切れていた!!
まったく~、デブなんだから~^^;


バーゲンでジーパンを買うことにしたのだけど、
ブーツカットはやめてストレートにしたのは、

すそを大量に切ったら、
せっかくのブーツカットのものも、別のものになっちゃうから^^;

困ったもんだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

王妃の紋章

2006年のチャン・イーモウ(張藝謀)監督作品「満城盡帶黄金甲」が「王妃の紋章」という邦題となり、
ようやく日本でも公開されることになった。

公開は4月12日。

それに先がけ、2月中旬に監督とプロヂューサーとジェイ・チョウ(周杰倫)が来日プロモーションをしたというのに、
なんだかいまいちな盛り上がり。
(というか、盛り上がっているの??)


そんな中、試写会で見「王妃の紋章」。


こうやって改めてみると、
この映画、よくできている。チャン・イーモウ監督作品なんだから、そりゃ当然なんだろうけど。

単なるきんきら作品なのではなく、いろいろな感情が見えたりみえなかったり、
そして、
監督の皮肉が描かれていたり(するんだろうな)。

コン・リー(鞏俐)はやっぱりいい役者だね。
母になったり女になったり、
閉鎖された空間の中でいろいろな顔を見せるのだから。


ハリウッド映画でない、豪華絢爛な中国映画、
一見の価値あり!! ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

ヒート・ガイズ 傷だらけの男たち

ヒート・ガイズ 傷だらけの男たちヒート・ガイズ 傷だらけの男たち」をDVDで鑑賞。
ダンテ・ラム監督、主演はアーロン・クォック(郭富城)、イーソン・チャン(陳奕迅)。2004年の作品。

シリアスなのか、コメディなのか、
なんとも中途半端なところが、いかにも香港映画という感じがする。
もっとも、これは重案組を舞台にしたコメディ。
だって、
イーソンが次から次へと婦警をモノにしている、などという設定なんだから・・・・(笑)

邦題についている“傷だらけの男たち”というタイトルも、
アンドリュー・ラウ(劉偉強)監督のアノ作品からもらっちゃったのでしょうが、
こちらは、
なんの複線もなくそのまま、つまり体に傷ばかりつくってるだけという、
あまりにもわかりやすいものなんだよね。

・・・・アーロン演じるYT・リーが女性に対する傷を抱えていたようにも思ったけど、
結局それもうやむやになっていたからなあ。


特典映像としてついていた
日本セールス版の予告映像で

イーソンの紹介が香港の新星

 新星、ですか??^^;
・・・・・もうちょと、なんとかならんかったのかしらね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

ぼくの最後の恋人

ぼくの最後の恋人イー・トンシン(爾冬陞)監督作「ぼくの最後の恋人」(原題:千杯不醉)。ミリアム・ヨン(楊千[女華]))、ダニエル・ウー(呉彦祖)主演、をレンタルDVDで鑑賞。

邦題タイトルが、ちょっと安易すぎるかな。


ミリアムは、ありがちなパターンを演じている。
手堅いところだけど、ちょっと物足りない、かな?

イケメン(笑)のシェフ役に、ダニエル。
これも、ちょっと安易か・・・・・

イー・トンシン作だったら、やっぱり「ワンナイト イン モンコック」のダニエルが凄かったから・・・・


楽しみにしていたアレックス・フォン(方中信)なんだけど、
テレビの小さい画面で見たからか、それほどたいして、何も感じるところがなかったんだよね。
やっぱり、大スクリーンで見ておくべきだったのかな・・・・・


気楽に見られる娯楽作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

人肉燈籠

1人肉燈籠993年の香港映画「人肉燈籠」(原題:人皮灯篭)をDVDで鑑賞。
製作ウォン・ジン(王晶)、監督アンドリュー・ラウ(劉偉強)、レオン・カーファイ(梁家輝)、チンミー・ヤウ(邱淑貞)、そしてロイ・チョン(張耀揚)が出演。

パッケージの写真と、「八仙飯店之人肉饅頭」を思わせるタイトルに、
さぞや猟奇的なストーリー!? とびびったものの、
その内容は、実は悲恋モノ。。。。。

どこかちょっと、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」を思わせ
でも王晶作品だから、(ばかばかしい)お笑いの要素も入れ込んだ、
実は結構豪華な内容だったような・・・・・気もする。


なんといっても、ロイ・チョンが怖い。
妙な老けメイクからして、ただものじゃない怪しさをたたえているけれど、
昔を回想するシーン(若い姿)でも、かなり怪しい人物になっていた。

一方、すべてが不運という男を演じるカーファイが、とっても若くて、そして頼りない。
だから、前世のシーンでは、かなりかっこよく、その姿はまるで「愛人 ラ・マン」のよう。対比が面白い。
チンミー・ヤンがまたいいのだよね~。

古惑仔」を思わせるような集団のシーンや、
ディトロ(「無間道」の役。役者は林迪安)が銃を持って突然現れたり、と
後のアンドリュー・ラウ監督の作品を連想させるようなシーンもあって、
ストーリーとは関係ないところでも楽しめる作品だった。


かなりばかばかしく、内容があってないようなよくわからない映画だったけど、
これはなかなかめっけものの作品なのかもしれない(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/11

立ち読み できない

BRUTUS (ブルータス) 2008年 3/1号 [雑誌]目当ての本がみつからず、書店で見かけた「BRUTUS」。

「犬のこと」の文字と犬がいる表紙。


手にとってみた。


犬がなぜ愛らしいか・・・・・・・・

 見つめる。

 しっぽを振る。

・・・・・・・・・・・それ以上、読めなかった。

私は、SIVAのしっぽが大好きだから。

いつでも、どんなときでもフサフサ、
ふりふりしているしっぽが大好きだから。


そして、
いつもキラキラと見つめる瞳がとっても可愛いから・・・・・・


だから、
それ以上読んでいられなくなって、本を置くしかなかった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

巨峰キットカット

年始の帰省の折に、向うで買ってきた「巨峰KitKat」。
長野限定だと思ってたら、パッケージには「甲信地区限定販売」とあった。

・・・・・ま、いいか。


巨峰キットカット、
巨峰の風味がうまく効いていて、とてもおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

ふく利の中華そば

新宿の小田急百貨店で開催している物産展、「四国・山陽の観光と物産展」でラーメンを食べてきた。


食べたのは、徳島のふく利という店の中華そば。600円也。

食券を買って席に着いてから知ったのだけど、
ここのラーメンは生卵(卵黄のみ)が名物だそうで、私の頼んだ中華そばには卵黄はなし。
50円でトッピングできるそうだけど、ときすでに遅し・・・・まあ、いいか。
卵はもう朝食に食べてしまっているからさ、と。


運ばれてきた中華めんは、
ごくごくフツウな感じにおいしかった。

でも、「肉入り」「卵入り」ので800円のものを食べたら、どうかな~?^^;
ちょっと高いと感じたかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

デンジャラス・ビューティー2

デンジャラス・ビューティー2テレビで映画「デンジャラス・ビューティー2」を見る。

前作に比べたら、パワーダウンで面白くなかった。


やっぱり、
2作目が1作目と同じくらい面白い映画って、
そうはできないものだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

サラリーマンNEO シーズン3

サラリーマンNEO SEASON-2 DVD-BOX I「サラリーマンNEO」シーズン3の放送を知り、大喜び♪

4月6日午後11時が第1回目の放送。

・・・・日曜だ。
忘れないようにしないとね!

でも、
たとえ忘れても再放送があるから、ちょっと安心(笑)
 ・・・というか、2回見るかも!?^^


サラリーマンNEO シーズン3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

ケーブルテレビ

中野区はもともとテレビの電波の受信状況の悪い地域だと、
きょう初めて知った。

だからケーブルテレビ局がつくられ、
区の認定だか協力だか公認を受けてケーブルを引いて
ケーブルテレビのサービスをはじめた、ということだが。

 どうにも解せない。

受信料って、結局住民が払うのでしょ?
電波状況を悪くしている元(新宿の高層ビル?)が払うのじゃないのでしょう。


・・・・・・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない スタンダード・エディション「それでもボクはやってない」をテレビで鑑賞。2007年の作品、周防正行監督作。

痴漢えん罪を扱ったというこの作品は、昨年の映画賞を総なめしているのだっけ。

難しいテーマだ。
痴漢というのは、女性にとってはとにかくイヤなもの。
たぶん、満員電車に乗る多くの男性も誤解されないように、日々ドキドキしているのだろうけども。


やったかやらなかったかはヌキにして
実際に山田刑事のような刑事がいることって、あるのかな・・・・あるんだろうな。
たぶん。


で、瀬戸朝香は、いつもどおりの熱血漢で、
山本耕史は友人思いのいいヤツで、よかったな~^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光オリジナルサウンドトラック「チーム・バチスタの栄光」を見てきた。
ことしになってようやく映画館へ行くのが、3月になってしまうとはなんたること^^;

続きを読む "チーム・バチスタの栄光"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »