« 腕組み仁王立ち | トップページ | それでもボクはやってない »

2008/03/01

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光オリジナルサウンドトラック「チーム・バチスタの栄光」を見てきた。
ことしになってようやく映画館へ行くのが、3月になってしまうとはなんたること^^;

おもしろかった。
でも、しょっぱなから登場した桐生先生にばかり目がいってしまい、
つまり、
吉川晃司の桐生先生っぷりが気になってばかりで、
冷静に映画として見ていたなかったような気がしてしまう。反省。

チーム・バチスタは優秀だけどクセのある人物が集まっているようで、
さらには、最強かとも思えるクセものの役人まで登場するから
この短い時間でそれぞれの人物像を描くのは、
あれが限界なんだろうね。

バチスタ手術が一番の主人公だったかもしれない映画。

(ソフトボールのシーンがなぜ入っているのかが、いまだにわからないのだが)


さて、
これで心置きなく小説が読めるぞ^^

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) (宝島社文庫) チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600) (宝島社文庫)

|

« 腕組み仁王立ち | トップページ | それでもボクはやってない »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/40327811

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタの栄光:

« 腕組み仁王立ち | トップページ | それでもボクはやってない »