« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

プリンセスD

PRINCESS D香港映画「プリンセスD」をDVDで見る。原題は「想飛」、2002年作品。

なんとも、とらえどころのないふわふわした感じの映画だった。
プリンセスDというのは、プリンセスダイアナからとったんだね。
映画をみれば、どうしてかはわかるけど、
邦題がいきなりこれだと、「????」って感じがするな。


飛びたいと思っているのは、誰なのか。

ヒロイン?

兄? それとも、弟?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/29

新車両♪

ちょっとだけ乗り物好きな私。

西武線で26日にデビューしたばかりの新車両に
3日目にして乗れて、かなり嬉しかった♪


この列車、
26日に出かけた際、終点の西武新宿駅に停まっているところに遭遇したから見るのは2回目。

探し物をしていて、思いもよらず時間をとられ疲れてしまい
「早くかえろ~、おなかがすいた~」と電車を待っていたら、
丸っこい電車がやってきてびっくり。

新車両ってのは、各停は後回しだと思い込んでいるからね^^;


 新しいです!

という匂いがまだ残っていたけれど、中はかなり広くて、
JRの山手線や中央線と同じようにドアの上にモニターもついている新車両。

西武線=黄色電車、じゃなくなっていくのはさびしいけれど、
快適そうな車両が生まれるのは利用者としてうれしい限り。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

監督・ばんざい!

監督・ばんざい! <同時収録> 素晴らしき休日「監督・ばんざい!」をレンタルで見る。2007年、北野武監督作品。


得意のバイオレンスを封印し、
新たな作品を模索し続ける北野監督。
世界の小津風、ラブロマンス、昭和30年代、Jホラー、時代劇・・・・・・
どれもこれも、途中で頓挫。


北野武の頭の中って、
こんな風にいろんな世界が詰まってるんだな。と思った。


で、正直、
おもしろいのかどうなのかが、むずかしい(笑)

役者だけは、凄いところが揃っていたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/27

ディパーテッド

ディパーテッドレンタルで「ディパーテッド」を見る。
アカデミー賞の作品賞、監督賞を獲っている本作は、
香港映画「インファナルアフェア」のアメリカ版リメイク作品だ。


「インファナルアフェア」とはまったく別の話さ!
と見られればよかったのだけど、それは到底無理な話。

原語の意味はわからないけれど、
全編にわたる下品な言葉遣い(と、たとえ)に、まず辟易してしまう。

そして、
何の奥深さも、人間の哀しみも描かれていない、
薄っぺらな描き方。アメリカってのは、大味なんだな~、と。


とにかく、笑っちゃったのは、
取引のシーンで登場した中国人が、
どういうわけか広東語を話してるんだよね。
そりゃ大陸でだって広東語は話されているけれど、
中国人だったらやっぱり、北京語が普通でしょ?!!
広東語聞いて、「お、これは香港人と取引か!?」って思ってしまったよ(笑)


や~っぱり、
アメリカ人がこの作品をリメイクなんてできなかったわけで、
なのに、この作品がアカデミー賞獲ってるってのは、
アメリカ映画もかなりの危機的状況に陥っているってことね(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/25

ランチ・・・

ランチでアボカド丼を食べた。

メニューの名称はちょっと違うのだけど、
とにかく、アボカド丼。


おいしかった。
880円。
・・・・おいしくないと、いけない値段かも(笑)


でもね、
気になったこと

こちらは、ランチタイムが決まっているサラリーマン。

なのに、
店の調理人(と、ホールの人)は、そんなことまったく感知してないような、
のんびり、マイペースで・・・・

いいのよ、
しっかりと調理してくれてるってのは。


のんびりってのは、
席についても、しば~らくオーダーも取りにきてくれなくて(・・・ここでロスタイムよね)
料理が出てくるまでも時間がかかり、
しかも、
私たちより後に席に着いた人たちへ先に料理が運ばれる、
という、なんとも、トホホな有様。。。。。。。。


時間にフリーな立場だったら無問題だけど、
そうではないのだから、困ったものだ。


ここのオーナー(=調理人?)は、どうやら脱サラした人らしいのに、
どうして、
フツーのサラリーマンのランチタイム事情に頓着なのかなぁ・・・と^^;

ま、
別にいいけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

通勤電車の怪

通勤電車。

どの人も、たいてい同じ時間の電車に乗る、はず。
そして、たいてい同じ場所あたりに乗る、はず。

だから、
たいていの人は、通勤電車内でのお作法をよく知っている、はず


なんだけど、
混雑しているというのに、お作法を無視している人っているんだよね。

 迷惑!!


たいていのひとは、窓側を向いて立っているのに、
なぜか反対を向くオヤジ。
その顔が私の視界に入る。

 視界に入れたくないのに、入る


朝から、これはつらい・・・・・・(>_<)


あくびなんかされたもんなら、

 降りたいよ~~(>_<)(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

ジャスミンの花開く

ジャスミンの花開く「ジャスミンの花開く」を見る(録っておいたもの)。

チャン・ツィイーによるチャン・ツィイーのための映画・・・・というか、
母・娘・その娘、
と、
3代にわたって娘を演じたチャン・ツィイー。

どの娘も、最初は目をキラキラさせているのに、
男に心惹かれ、
結ばれてから、突如として目の輝きが失われていく。

どの娘も、みな恋人(や夫)を失う・・・その繰り返し。

そういう、話なのか。


ジャスミン・・・中文で茉莉花と書く。

一文字ずつ、それぞれのエピソードで登場する娘たちの名前になっている。
孫には莉、その子どもには花と名づけて」と、
自殺した茉の母の遺言状に書かれていたから、名前はその通りにつけられたということになる。

何かと反発していた茉だったけれど、
娘を持ち、母のことを理解するようになったから
名づけた、ということなのだろうか。


その母を演じたのはジョアン・チェン(陳冲)。
茉の娘莉のストーリーではその母(つまり茉)となり、
その娘花のストーリーでは祖母となって登場する。

チャン・ツィーイー映画ではあるけれど、ジョアン・チェンがとってもいい味を出している。
そして、茉莉花それぞれの人生にかかわる男たちも、演技派が揃っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

バービーボーイズ!!

「SMAP×SMAP 名曲歌謡祭」は、
80年代なつかしの音楽が、これでもか!! と出てきた番組。

なので、見ちゃったわけで。

TMネットワークもだけど、
何よりもバービーボーイズが出るというから。

 なつかし~♪


歌ったのは「女ぎつねオン・ザ・ラン」。
もっと聞きたかったな。
「負けるもんか」とか「目を閉じておいでよ」とか^^


スマスマだから、スマップのメンバーが一緒に歌うのは仕方ないとはいえ、
バービーボーイズだけで聞きたかった。


あの頃って、
私も普通に、たくさん音楽を聞いていたんだな~

蜂-BARBEE BOYS Complete Single Collection-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

SEMPO〈4月20日〉

ミュージカル「SEMPO」。
きのう見てから、24時間経たずしてまた見ている自分。
 ・・・・・お尻が痛い(笑)


続きを読む "SEMPO〈4月20日〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

SEMPO〈4月19日17時〉

ミュージカル「SEMPO」、夕方17時からの公演を見る。
これで3回目^^;


続きを読む "SEMPO〈4月19日17時〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

Around40

TBSのドラマ「Around40~注文の多いオンナたち」の2回目。

見るつもりはまったくなかったのだけど、
先週、テレビ欄を見たとき 筒井道隆 という名前を出演者の中に発見して、
見てしまったドラマ。
(筒井道隆のぼ~っとした感じ、すきなんで^^;)


なんというか。


この世代のシングルの女性は、
1人で過ごしたことを裏打ちできるような、
立派な職業についている人

という、
とってもありがちな設定に辟易!!

そりゃね、
ごくふつ~のOL(といったら、トウがたちすぎ!?)を主人公にしたら、
面白くもなんともないのでしょうけど、


医師でもない、独身女性にこれほどまで正面きって(ケンカ売って)くれてるドラマ、
行く末を見守ってみようじゃないか!!

ははははは(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/18

健診は体力勝負!?

健康診断へ行ってきた。

滝のような雨、、、いつもより早い時間に乗った電車、予想通り遅れていた。
それも、激しく混雑している。

 ここで、すでにいつもの朝より、消耗~~~


成人病健診は、結構いろいろ検査がある。
それはすべて、自分の体の健康状態を知るためのものなのだけど。

中でも一番大変なのは、胃部X線検査。
バリウムは抵抗なく飲めるけど、
その前に飲む発泡剤が苦手。
(バリウムは平気だけど、体から全部出してしまうまでが大変なんだが)

でも、それ以上に大変なのは、検査の最中。
狭い検査台で何度も回転したり、時には逆さづりになったり、
。。。。。。体力のない年配者は、果たして落ちたりしないのか!? と
常々不安に思うほど、かなりハードな検査だと思う。


ま、
一番の恐怖は、何あろう、
検査結果なわけだけど^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

第27回香港電影金像奨

第27回香港電影金像奨の授賞式が行われた。


今年は、ネットでラジオ中継を聞くことができず、
リアルタイムでわくわくできなくて残念だった。

例年より、開催時間が短縮されたのか、
気が付けば、あとは作品賞を残すのみ、、、
で、
最佳男配角をアンディが獲って喜んでいる写真がアップされていた。

---------------------------------------
第27回香港電影金像奨

最佳電影       《投名状》
最佳導演       陳可辛《投名状》
最佳編劇       韋家輝、歐健兒《神探》
最佳男主角      李連杰《投名状》
最佳女主角      斯琴高娃《姨媽的后現代生活》
最佳男配角      劉德華《門徒》
最佳女配角      邵音音《野。良犬》
最佳新演員      徐子珊《跟蹤》
最佳攝影       黄岳泰《投名状》
最佳剪接       鄺志良《門徒》
最佳美術指導    奚仲文、易振洲、黄炳耀《投名状》
最佳服裝造型設計 奚仲文、戴美玲、利碧君《投名状》
最佳動作設計    甄子丹《導火線》
最佳原創電影音樂 久石讓《姨媽的后現代生活》
最佳原創電影歌曲 逼得太緊《十分愛》
最佳音響效果    Sunit Asvinikul & Nakorn Kositpaisal《投名状》
最佳視覺效果    呉炫輝、鄒志盛、郭惠玲《投名状》
新晉導演       游乃海《跟蹤》
最佳亞洲電影    《色,戒》
---------------------------------------

それにしても、「投名状」が独占って感じだ。
早いところ、VCDを見ないといけないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

SEMPO 4月13日

「SEMPO」2回目の鑑賞。

席は一番安いB席。2階席だけど1列目で見やすかったな。
上から見ると、印象も違うしね。



続きを読む "SEMPO 4月13日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

王妃の紋章

いよいよ日本公開となった「王妃の紋章」。

劇中衣装展を開催しているという東劇で見た、初日。


そこそこ客席が埋まっていて、
関係者でもなんでもないくせに、ほっとしてしまうのは一体何なんだろう(笑)


この映画、
巨匠と呼ばれるチャン・イーモウ(張藝謀)がつくっただけある。
只者ではない。
何度も見るほどに、凄さを感じている。


今までは、2皇子演じるジェイをひたすら見守って見ていたから、
客観的に映画を楽しむことができなかったんだけど、
今回ようやく映画自体に没頭してみることができた。

そして、
あのシーンで、思わず涙が出そうになってしまった。


「菊花台」は名曲。
2皇子を演じたジェイ・チョウ(周杰倫)自ら作曲して歌っているってこと、
気づいた人って、一体どれほどいるのか・・・・・

知ってほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

金曜ナイトドラマ キミ犯人じゃないよね?

おばかドラマだ。
金曜ナイトドラマ「キミ犯人じゃないよね?」。

「ちりとてちん」がおもしろく(その前の「風林火山」でも気になっていた)
貫地谷しほりが主演とあって、見てみたわけだけど、
関西弁こそしゃべらねど、
役どころはまんま若狭じゃない!? てな感じ。

相方をつとめる要潤のぼっちゃん刑事と
とってもいいコンビだね(笑)


もうひとひねりほしいとは思いつつも、
なんとなく見てしまいそうなドラマだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

ラスト・フレンズ

4月のドラマは、あまりよくわからないままでしる。
 (「サラリーマンNEO」だけで、もうワクワクしてしまっていたから(笑))

よくわからないまま「ラスト・フレンズ」を見てみた。

なんといっても、上野樹里に興味津々なわけで見たのだけど、
いきなりDV男に豹変、な人も現れたりして、
これはちょっと、次が気になる!?(笑)


このドラマと同年代だったら、他人事と思えないのかもしれないけど、
そうじゃないから、
単にドラマとして、結構楽しめるかもしれないな~、
などと思いつつ、来週もみてみましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光文庫「チーム・バチスタの栄光」を読み終えた。

映画を見てから読む、は正解だったと思う。
小説を読んでから見たら、
「なるほど!」と思う部分よりも、
「違うよ~」てな部分が多かったように思うから。


とはいえ、
意外と映画は小説の世界をうまく表現していたように思うな。

田口先生はちょっと違うけど、
白鳥とか桐生とかね。


小説を読んだら、また映画を見直したくなってしまったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

新振りで筋肉痛

どうもこのごろはヨガが全盛のようで、
ティップネスのファイティングラッシュのクラスが、
また1つなくなってしまった・・・・・残念だ。


とはいえ、日曜のは継続されていたので、そちらに行って4月からの新振りを体験したのだが。

かっこよくはできないけれど、
内容はそれほど難しくなかった。

なんだけど、
非常にハードで、ぼろぼろ~~(笑)

そして、お尻が痛くなった、きょう。

やっぱり、いつも使ってない筋肉を使うようになってるんだね。
前回の新振りのときは、背中(肩甲骨あたり)が非常に痛かったことを思い出した。
・・・・・手刀の連発によるものだった。

今回は、どうやらジンガーステップ(と斜打?)によるものらしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

SEMPO〈初日の続き〉

「SEMPO」は日々どうなっていってるのか、非常に気になっているけど、次に行くのは日曜だ。


1回目の感想をもう少し書いておこう。
日ごろミュージカルを見慣れていないから、多分に検討違いなこともあるだろうけど素直な感想ということで。


続きを読む "SEMPO〈初日の続き〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

サラリーマンNEO season3

サラリーマンNEO SEASON-2 DVD-BOX II「サラリーマンNEO」season3がいよいよ始まった。

明日からまた、仕事か~
と、思う日曜夜に放送だなんて、
サラリーマンの心情をよくわかってるよね(笑)


今シーズンも楽しめそう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

韓国ドラマ「忘れ物」

ラブストーリー DVD-BOX 13月の深夜放送された韓国ドラマ「忘れ物」。
録っておいたものを見る。

主演はソン・ユナとホ・ジュノ。
ホテリアー」の2人。
ホ・ジュノが出てきたとき、あまりの若さに驚いてしまったのだけど、
このドラマは1999年のものだそう。

9年前・・・・若いはずよね(笑)
ソン・ユナの顔が、ちょっと違うようにも見えるのは??^^;


ホ・ジュノが主演なだけあって、とっても地味な内容だった。
地下鉄の運転士が地下鉄の遺失物預かり所で働く女性に恋心をいだくが、
なかなかアタックできずにいる。
ようやく、デートらしきことをするも、彼女のには忘れられない元カレがいて・・・・


ホ・ジュノ、がんばれ~!! などと、心のうちで応援してしまった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

SEMPO

真相・杉原ビザミュージカル「SEMPO」は、“命のビザ”を発行した杉原千畝さんを描いたオリジナル作品。
で、主演を勤めるのは吉川晃司。

初日は、なんとしてでも見なければいけない! とチケットを取ったわけだが。


前半。
見ているこちらがドキドキ。
やっと出てきた晃司は、しょっぱなから台詞を言い直すんだから。

 がんばれ~
と、心のなかで応援しつつ、息をのんで見続ける。

出番も少なく、だから、ミュージカルというのになかなか歌わない晃司。
前半の最後に1曲、ようやく歌った。

途中もまたかんじゃったし、タイミングがいまいちのところもあったから、
歌ってるときのほうがずっと安心して見ていられた。


後半-------------

前半にくらべて出番が増えてくる。
歌う部分も増えてくる。

台詞のタイミングはやはりいまいちだったりするけど、
前半よりも見ているのも慣れたのか、ちょっとだけ安心して見ていられた。

立ち姿はやっぱりかっこいいからね。


ツボは、この話のメイン、命のビザを発券するところ。

舞台右手前方にすわり、パスポートにサインやはんこを押す。
丸くて持ち手が長いはんこが2つ机の上に置かれている。

結構テンポよく、忘れることなく2つはんこを押していた。
途中はんこがコロンとねちゃったり、順番が変わることはあったけど。
サインが、そのときによって、書くのが長かったり、ちょこちょこって短くなったりするのが面白かったな。


カーテンコール1回目は、特にしゃべることもなく幕。

明かりがついて、晃司の曲が流れるなか、拍手をし続けていたらようやく開いた2回目。
本人はどうしていいものか、ちょっと困惑しながら。
でも、何かちょろっと話し、素に戻っていた。

「ごきげんよう」だって(笑)


10列目は招待者席なのか、年齢の高い方がずらりと並んでいた。
ご親族の方もいらしたのかな?
黒柳徹子さんもいて、2回目のアンコールの拍手をする姿がよかった♪


ロビーには花がいっぱいあった。
晃司のコンサートの比ではないくらい。

舞台ってのは凄いね。


これから、晃司がどれだけ変わっていくか楽しみな舞台だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

花ざかりの君たちへ

花ざかりの君たちへ~花様少年少女~DVD-BOXI(通常版)MXテレビではじまった台湾ドラマ「花ざかりの君たちへ」を、見る。
日本の漫画が原作でS.H.EのEllaが主演。
気になっていたんだよね♪

楽しかった。
お決まりのばかばかしさはあるものの、
イヤ味を感じることはなし。
日本でドラマ化されたものよりも、ずっと可愛い子たちが出ている分、凄く良かったと思う。


とはいいつつも、
一番注目してしまうのは、Ellaだな。
ただのアイドルグループでないことは、去年演唱會を見て感じたことだけど、
これほどまでに! て感じだわ(笑)


毎週の楽しみが、またひとつ増えて嬉しいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

ガトーフェスタ・ハラダのラスク

先日、友人Nりんからもらったラスク。
おいしくて、止まらなくなるから」と言われたそれは、
先日、京王百貨店で行列をみかけたものだった。

なんだろう? と、そのときは思ったのだけど、
そうか、
そんなにおいしい代物だったのね。


早速、食べてみると---------

一口目。
「なんだ、ふつうのラスクじゃない」

二口目。
「ん??」
「なんだ、このしっとり感は!!!」

ぱりぱりしているラスクなのに、皮のあたりはなぜかしっとりしている。
甘さもほどよく、2切れずつのパッケージがちょうどよい分量で、、、
気づいたら3袋食べてしまっていた^^;


というわけで、いただいたものが減ってしまったな~と思っていたのだけど、
きょう、伊勢丹の地下に寄ったら特設会場で発見。

大きい袋を買ってきてしまった♪


ガトーフェスタ・ハラダ

Nりん、イイモノ教えてくれてありがとね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »