« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/30

脳トレ再び

すっかり放置状態だったDS脳トレを最近またやるようになった。

脳がすっかり硬くなっているんだな、これが^^;


毎日はできないけれど、
ちょっとずつでもやって、脳の老化も防がないと!!^^


東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング 特典 ニンテンドーDSLite専用 保護フィルム(下画面用1枚入)付き


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

家でやろうよ

いまの電車のマナーポスターは
「家でやろうよ」がテーマらしい。

最近張ってあるのは、電車の中でビューラーを使って化粧している若い女性のイラストだ。


今朝、通勤電車の途中駅で、
私が乗っている車両に駆け込んだ若い女性。
ドアにくっつくように立ち、おもむろに何かを取り出しふたを開け、
顔に塗り始めた。

何度もなんども、・・・・
鏡を見ることなくパウダーを顔に塗りつけている。


その作業は、次の駅に到着した頃終了したのだけど、
電車が走り始めたら、今度は何か服をもぞもぞといじり始める。

・・・・どうも、ブラの位置を整えているらしいのだが、
こちらも、何度も何度も・・・・・・周りが恥ずかしく感じるほどに。


家でやってほしいよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

にらみあい

大相撲夏場所は、
琴欧洲の14勝1敗という好成績で優勝-----

しかし、
結びの一番はすごかった。

というか、
ひどかった。


土俵での、取り組み前のにらみ合いはいくらでもあるし、
その後の取り組みを期待させるものだが、

取り組み後のにらみ合いというのは、ね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/25

実は、父親のことはいまだによくわからない。

実家を出てかれこれ25年。
いまや、両親の元で暮らした年月よりも、
東京で過ごす年月のほうが長くなっている。


母とはよく話をするから、それでもわかるのだけど、
父とは、
親元で過ごしていたときからも、あまり話をすることはなかった。


なのだが、
最近、
本当にときたまなのだけど、父から電話が来ることがある。

その内容は、
医者に診てもらった結果----というようなことが中心なのだが、
父は、実は話し好きなんだな~

なんてことが、わかったり(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

強くなったね、琴欧洲

大相撲14日目。

1敗はしたものの、琴欧洲がこんなに強くなっていただなんて、
ちっとも知らないでいた。

 角界一笑顔が似合う力士

だなんて、NHKアナウンサーがいっていたけれど、
素直な表情がとってもいい。

ぶるガリアから急遽来日したというお父さんの前で、
優勝を決めることができて、よかったと思う。

おめでとう、琴欧洲。

そして、
いつもひっそりと見守っている元琴ノ若(佐渡ヶ嶽親方)が
なんとも懐かしい・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/22

春のネコ

夕べ、
夜8時半ごろだったか、駅から自宅への帰り道。

途中のアパートの駐車スペースで、ミケとトラの2匹のネコが対峙していた。

 ケンカ、じゃなくて、
 恋の季節ってヤツですかね。ないてたから。

そして、今朝。
朝、8時半前。

自宅から駅へ向かう道。

夕べと同じところに2匹のネコ。
ミケとトラ。

相変わらず、ないていて・・・・・・


まさか、
夕べからずっと対峙し続けていたわけではないだろうが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

被災地に届くのか?

中国・四川大地震。

先日、日本から出動した国際援助隊隊員は、
活躍できない地から、場所を移して活動していた。
そして、
期待された成果を得られないまま、帰国・・・・・・・


きょうのニュースでは、国際援助隊の医療チームが成都入りしたのに、
活躍できないまま、待ちの状況になっているという。


なんなんだ、これは???

・・・・・・・・・・・
ほんの微々たるものだけど、
私の義捐金が、
果たして被災地の人々の元に、きちんと届くのだろうか?

心配だ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

うっちゃり とか

大相撲夏場所8日目。

最近の力士事情にはまったく疎くなってしまったけれど、
休日の夕方、
なんとなく大相撲中継にチャンネルを合わせてしまう。


きょう、気づいた。

芸能人で名前だけの人って、
大抵がモデル出身。
だから、名前だけの人って、ほかにはいないと思っていたら、

ほかにも、いた。

呼び出しさんが、名前だけだったとは。
大相撲中継はもう長いこと見ていたけれど、
改めて気づいたのだわ(笑)


きょうの一番は、安馬のうっちゃり。
すごかったな~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/18

LOVE CALL ―時代の肖像―

LOVE CALL 時代の肖像丸ビルを中心に開催中の
AERA創刊20周年記念
坂田栄一郎 「LOVE CALL ―時代の肖像―」

を見てきた。

丸ビル界隈、どうもいまいちわかりにくくて、探しながら。
 3階回廊 とか 3階ギャラリー
が、
いったいどこなのか、フロアマップに明示されていないのだな。


「AERA」の表紙は、毎週月曜、
駅売店を通る度に見ているのだけど、
こうやって大判サイズで並べられると、圧巻。

そもそもが、この雑誌の表紙に登場する人は、
そのときに注目されている、輝いている人たちばかりだから、
写真からたくさんのオーラを発しているんだ。

そして、
オーラを感じながら、
故人の多いことに、残念な思いが浮かんできた。


おもいもよらず、アンディ・ラウ(劉德華)の写真に出会い、
その強い目力に、改めてやられてしまったが(笑)


写真集も発売されるけれど、この写真展はなかなかにすごいものだから、お勧め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日めくりタイムトラベル

NHKBS2の番組「日めくりタイムトラベル」を
まるまる3時間見てしまった^^

だって、きょうのテーマは 昭和39年。


自分が生まれた年にいったいどんなことがあったのか、
興味津々だものね。

東海道新幹線だけでなく、ほかにもいろいろと同年なモノがあることを知った。

--かっぱえびせん、とか、ワンカップとか平凡パンチ、とか(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/17

ひとり悲鳴・2題

きょうは2度も悲鳴をあげてしまった(笑)

 悲鳴、といっても「きゃっ!!」てな程度ではあるけれど^^;


1回目---------
バスタオルを入れている引き出しの口に、
ゆらゆら・・・ゴキブリが挟まってる!!!

 「きゃっ!!」

よく見れば、中に入れているバスタオルの端っこがほんのちょっとはみ出てて、
しかも、タオルの端にはほつれた糸が出ていただけ・・・


2回目---------
雨が降りそうな夕方、洗濯物を取り込んでいたら、
べランダを何か茶色いモノが弾丸のように飛んでいく!!

 「きゃっ!!」

と発したと同時に、
その茶色いものがネコだと気づく。
・・・・2匹だったのかな??


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/15

中国・四川大地震

12日の昼間に起きた四川の大地震。

1日過ぎていくごとに、
ニュースで伝えられる死者の数が増えていることに、
地震の怖さを思い知らされている。


被害がこれ以上広がらないように
二次災害がおこらないように


そして、
これはホント、他人ごとではないんだよね。

ところで、
今回の地震は、台湾や香港でも揺れを感じたという記事をみた。

香港は地震がないと思っていたら、
揺れることはあると知りびっくりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/12

いますぐ抱きしめたい

いますぐ抱きしめたい「いますぐ抱きしめたい」を見る。

大好きな映画。

こんな風な、
切なさを感じる映画、最近なくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/11

さくらん

さくらん 特別版テレビで、映画「さくらん」を見る。


赤が強烈な印象を放つ。
色彩がきれい。

もともと漫画を原作にしたものだというけど、
前に見たドラマ「吉原炎上」と似たところがあったのは、ほんの偶然?

というよりも、
吉原の女郎というものは、大なり小なり
同じドラマを背負っているってことなのかあ?

管野美穂がよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/10

バス、こない

雨だったから、
中野までバスで行くことにした。

駅前にあるバス停では、数人待つ人がいたから、
いったばかりではないのだろう、と思って並んだら、
予定時刻より10分以上も遅れてやってきた。

・・・・・・やっぱり、バスはアテにならないのだわ。


で、行った先の病院が、これまたすっごく込んでいた。


待ち疲れてしまったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/09

少林サッカー

少林サッカー―「少林少女」劇場公開記念 スペシャル・プライス版― (初回限定生産)テレビで「少林サッカー」を見る。


ことしの映画は、カンフーものが多いことからなのか、
それにのってまたオンエアされたんだろうな、きっと。


テレビで見るのは初めてではないはずなのに、
きょうはやたらとカットされたシーンが気になってしまった。

時間の都合はあるだろうけど、
シンチー作品は、なんてことのない細かいシーンだって見ていかないと
面白さが半減しちゃうんだよね。


といいつつ、
先日放送された「カンフーハッスル」は、劇場で1回みただけだから
カットシーンとかはまったくわからなかったわけだけど^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/05

雷電くるみの里

道の駅「雷電くるみの里」へちょっとだけお出かけ。

大変にぎわっている、と両親が言うとおり、
直売コーナーや食堂は大勢の人がいてにぎやか。

農産物の直売コーナーは、
採りたてで新鮮な野菜が、とっても安く売られていて
観光客だけでなく近隣の人たちもよく買いにくるらしい。


以前出かけたときは
まだなかった「力士雷電展示館」で雷電のお勉強^^

雷電為右衛門というのは、江戸時代の力士で
その生家がここ東御市にあり、小学生のとき確か授業で訪れたことがあったはず。
とにかく、子どもの頃から大きく大変な力持ちで、
力士になってからもとっても強かった人らしい。

雷電は強いだけでなく、学もあった力士だったということを
この展示館で知ったけど、
それ以上にびっくりしたのは書簡の写しの展示物。
字もとってもうまい!


ということで、
浅間サンラインを通ることがあったら、
ぜひ、ちょっと立ち寄ってほしい場所。
レストランのメニューもお手ごろ価格でお得だから。

0805_raiden

雷電為衛門力士像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

アカシヤに蜂

実家のアカシヤは、いまが満開。
とてもいい香りを放っていた。

だからだろう、大小取り混ぜ、何匹もの蜂が蜜を吸いにきて、
ブンブンにぎやか。


0805_fuji

とても大きくて丸いのもやってきたけど、
父に言わせると刺さない蜂らしい。

1つ1つ、丁寧に蜜を吸うのに急がしそうで、
確かに刺したりしそうにはなかったけれど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/03

連休ピークの東京駅

5月3日の指定席券を取ることができなかったから、
いつもは上野から乗る新幹線を、東京から乗ることにして向かった。

昼ごろ到着した東京駅、長野新幹線乗り場。
ここは北陸・上越新幹線などなど、東京から北方面へ行く新幹線がまとまっているのだが、

 ひと、ひと、ひと。


切符売り場の券売機の前からして長い列ができているのを見て、
先に切符を取っておいてよかった(自由席だけど)と思ったものの、
今度は入場する改札も列ができているじゃないか。
(Suicaが使えるようになったことで、改札機会が変わってしまい
 通ろうとする半分くらいの人がひっかかかることによる混雑らしい)

なんとか、中にはいったものの、
ホームで並ぶ前にトイレを済まそうと向かうと、
こちらも長打の列・・・・・
新幹線乗り場に来る人の数に対して、トイレの数が少なすぎるんだと思う。

10分以上並んでようやく済ませられ、
ホームへ上がっていくと、ここもまた人・・・・・というか、
思ったほど、いなかったかな?

遠くへ行く新幹線の発着状況はよくわからないけど、
長野新幹線は終点まで90分くらいと時間が短いし、
臨時も含めると、1時間に何本も出ているからだろうな。
1本見送り、10数分後の次のに並んで無事座ることができた。

 新幹線に並ぶよりトイレに並んだ時間のほうが長かったような気がするぞ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

3日がピークだったとはね

ことしのゴールデンウィークは、日の並びがよくない。

いつもの3連休にプラス1日なだけ・・・
休みはありがたいけれど、どうしようかな、なんてぐずぐず。

帰省しなくちゃいかんわな、と思っていてそのつもりでいたけれど、
切符を取るのをのびのびにしていた。

いつも、下り列車はそれほど苦労せず取れたからのんびりしちゃったんだよね。

で、イザ、取ろうとしたら、
夕方までの新幹線は、空席なし。


・・・・・・・・そういえば、
この連休の帰省のピークは3日、
と言うのを聞いたような気がしたことを思い出したが。

というわけで、
数年ぶりに、指定券を取らずに帰省することにした。


東京駅からなら、少し早く行けば席取れるだろう、と期待をしているのだが、
果たしてどうだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »