« 土用丑の日のうな重は | トップページ | 巨人×ヤクルト戦 »

2008/07/26

ドラゴン・キングダム

Junior SCREEN Vol.16 (16) (スクリーン特編版)きょう初日を迎えた「ドラゴン・キングダム」を鑑賞。
2008年のアメリカ映画。でも、香港功夫(&武侠)映画の香りがいっぱい。

ストーリーは、
功夫映画好きの少年が「持ち主へ戻せ」とチャイナタウンの骨董店で預かった如意棒とともに
ドラゴン・キングダムへ迷い込み、
そこで、酔拳の達人(成龍)、金燕、黙僧(李連杰)と出会い、
・・・・・。

孫悟空のシーンは、ワイヤーとのタイミングが悪い!? と気になったけれど、
ファンタジーとして見ている分にはかなり楽しかった。

そんななか、
どう考えても雰囲気をぶち壊していたのが白髪魔女。
下品すぎ・・・・・残念だ。

酔拳も、ずいぶんとテンポよくなっちゃて~^^
あと、
ジェイド将軍の青いアイシャドーが強烈。


日本サイト

|

« 土用丑の日のうな重は | トップページ | 巨人×ヤクルト戦 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/41979169

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン・キングダム:

« 土用丑の日のうな重は | トップページ | 巨人×ヤクルト戦 »