« 朝の通勤電車で片方の目尻から涙を流し続けている女は不気味だろうか | トップページ | スウィングガールズ »

2008/11/08

金萱烏龍

台北で買ってきた「金萱烏龍」を淹れてみた。

王德傳茶莊
「安くておいしいお茶は?」と尋ねたら、
若い定員さんが日本語で教えてくれたのがこれだった。

「ミルクの香りがするお茶」ということで、
試飲させてもらったのだが、
一せん目と二せん目と、2つの茶碗を出してくれた。

まだ出きっていない一せん目も、味がしっかり出てきた二せん目もどちらもおいしかった。
二せん目も、烏龍茶というのにとってもやさしい味なんだよね。


 おいしいねぇ~

と、
優雅な午後のティータイム♪

願わくば、お茶にちょうどよい茶菓子がほしかったな。

|

« 朝の通勤電車で片方の目尻から涙を流し続けている女は不気味だろうか | トップページ | スウィングガールズ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/43049715

この記事へのトラックバック一覧です: 金萱烏龍:

« 朝の通勤電車で片方の目尻から涙を流し続けている女は不気味だろうか | トップページ | スウィングガールズ »