« 大相撲夏場所14日目 | トップページ | ラストブラッド »

2009/05/30

チョコレート・ファイター

タイのアクション映画「チョコレート・ファイター」を鑑賞。

1460日の修行を経て“ジージャー”誕生!!
がすべてを語っているように、
彼女のアクションが見どころのすべて、だったな。



冒頭に監督のメッセージ----
 この映画は、才能を持ったこどものためにつくった
というようなことが出ていたけれど、
なるほど・・・・って感じかな。

彼女がどうして格闘技に興味があるのか、そこがよくわからないのだけれど、
それは
“脳の発達に異常がある”(自閉症)ということで、納得してくれよ、
ってことなんだろう。
自閉症の人は、なにか一つのことに興味をもって熱心に取り組むというから。


生身のアクション、ということで、
ワイヤーすら使っていないとばかり思っていたら、さすがにワイヤーは使ってたね。

ジージャーのアクションは、確かにすごかった。
キレがあって、
あんなに細いのに、まぁ・・・・とね(笑)

しかし、これはアクション監督の力量なんだろうけど、
アクションとアクションのつなぎは、まだまだって感じ。

とはいいながら、
彼女の動きは、ファイティングラッシュ(ジムのプログラム)の参考になったのだわ。
例えば、二段蹴りの参考とかね^^;
(蹴りが激しくへたくそなんで、私)

|

« 大相撲夏場所14日目 | トップページ | ラストブラッド »

アジア映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/45181669

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート・ファイター:

« 大相撲夏場所14日目 | トップページ | ラストブラッド »