« 皇帝ペンギン | トップページ | クレモロール »

2009/06/23

グーグーだって猫である

グーグーだって猫である ニャンダフル・ディスク付き [DVD]映画「グーグーだって猫である」をDVDで鑑賞。

大島弓子原作で、映画館で予告を見てからずっと見たいと思っていた。
原作のエッセイ漫画に加えて、秋山尚美が描く映画版コミックまで買ってしまったんだな。



先生が箱から出したとたん、アシスタント一同がとろけそうな顔して
 か~わいい~
というのがよくわかる、グーグーのかわいらしさ^^

でも、男の子のグーグー。
漫画で描かれるのとおんなじ表情を見せてくれたり、なかなかよくできている。


映画に出てきたサバのイメージがちょっと違ったけれど、
サバの台詞にジーンときてしまって、泣けてきてしまった。

猫とあまり縁のない私ですら、だから、
猫を飼ってる人は号泣するシーンかもしれないなぁ。


劇中出てきた、ヘンな外国人(?)が
実は死神だったのだけど、それをマーティ・フリードマンで、
これがぴったりだったな。


|

« 皇帝ペンギン | トップページ | クレモロール »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/45434921

この記事へのトラックバック一覧です: グーグーだって猫である:

« 皇帝ペンギン | トップページ | クレモロール »