« ココ・シャネル | トップページ | 50回目のファーストキス »

2009/09/27

2つのシャネル映画

ココ・アヴァン・シャネル」と「ココ・シャネル」。

シャネルが好き! というわけでもないのに、
双方の映画を見てしまったのは、
やっぱり、ココ・シャネルという人に興味を感じたからなのか。



彼女のことをまったく知らないから、
どちらの作品が、より現実を描いているのかはわからないのだけれど、
2つの作品を見て確信したのは----

 映画はフィクション

てこと。


根底に流れるものは同じはずなんだけど、
切り取り方によって、
同じものも、こうも描かれ方が変わってくるものなんだ、と
しみじみ感じてしまった。


さて、
フランス語で描かれ、ヒロインもシャネルにすごくよく似ていて、
ファッションのこともよく解説(?)されているから「~・エヴァン・~」は見やすいのだけど、
何度も苦節を味わうところが描かれている「ココ・シャネル」の方が、
彼女の全体像を見るうえには、わかりやすいような気がした。


設定が、双方ちょっとずつ違っていたのも興味深いところ。
とはいえ、一番気になったのは、
エティヌ・バルサンの見た目だな^^;
「~・エヴァン・~」のバルサンは、かなりな年配の風貌で
“快適さを求めるために、若いシャネルったらこんなオヤジと・・・”
という感じなんだけど、
「ココ・シャネル」のエティエンヌは、そんなに爺っぽくないんだよね^^

おもしろいね。


|

« ココ・シャネル | トップページ | 50回目のファーストキス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/46320963

この記事へのトラックバック一覧です: 2つのシャネル映画:

« ココ・シャネル | トップページ | 50回目のファーストキス »