« デトロイト・メタル・シティ | トップページ | キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン »

2009/10/12

赤い文化住宅の初子

赤い文化住宅の初子 [DVD]レンタルで映画「赤い文化住宅の初子」を鑑賞。
2007年のタナダユキ監督作品。
同名コミックが原作。


暗いよな~。

だけど、母を亡くし(父は失踪)、工場で働く兄と2人で、
電気を止められてしまうような、生活するためのお金の心配をしなければならない中学生だったら、
暗くもなるよな・・・笑ったりなんてできないよな。

だから、自分のことを気にかけてくれる男子が王子様に見えてしまうのだな。

言葉ではうまく伝えられなくて、
だけど、その男子の前に出るときのあわてっぷりは、
やっぱり中学生。どぎまぎ感が、言葉よりもしっかり語ってくれている。


学校は何もしてくれない、というのは潔い描き方だ。
山田洋次あたりの映画(つまり「学校」だけど)だったら、
生徒を助けようとする熱心な教師がいて、奔走してくれるのだろうけど、
ここでの教師は、無関心。
そもそも、教師という仕事に無関心なんだよね。
 これって、いまの教師を表しているのかな?
 誇張だよね。じゃなきゃ、怖すぎる。


でも、親切を装って金集めを考えている宗教がらみの女に比べたら、
こっちの方がマシってもんなのかな。

|

« デトロイト・メタル・シティ | トップページ | キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/46469486

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い文化住宅の初子:

« デトロイト・メタル・シティ | トップページ | キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン »