« 陽だまりの樹〈21日夜の部〉 | トップページ | 分とく山 津軽景色 »

2012/04/23

陽だまりの樹〈東京千秋楽〉

舞台「陽だまりの樹」、千秋楽となってしまった・・・・・


きょうの席は、舞台をちょうど真ん中に見られる位置で、
この間の土曜よりもちょっと前だから、
役者さんの表情もよりばっちりと見られてうれしかった~^^


千秋楽だからか、
アドリブ爆発! というか、
良仙先生のアドリブの嵐に、万二郎はこらえきれず、
座布団ごとくるりと後ろを向いてしまい、戻ってこられず・・・

良庵が一生懸命、おとっつぁんを引き戻そうと糸をたぐれど、
なかなか元に戻らず、万二郎は足までくずれ。。。
「まだ、悩みが解決しない」「万二郎は男の子だから、自分で解決する」と、
万二郎は晃司に戻ってしまっていて、めちゃくちゃ笑ってて・・・

 おいおい、
 感動のお話はどうなっちゃうの~ と大喜びで見てたのだけど、
 えらいねぇ。

なんとか、しっかりお話が戻ってよかった。

“おたんこなす”って(笑)


カーテンコールも楽しかったな。
ずっと桜吹雪が続いていたから、みんなの頭の上に積もって。
晃司は何度かとんとん飛び上がってた。

3回目のアンコールのとき、
上川さんが「これから大阪、名古屋へ行きます。時間とこれ(お金)がある方は、ぜひ」と。
晃司も何か言うかな~と期待していたのだけど、
手を振って「また来週~」って、
また来週、見たいよぉ(笑)
幕降りる前に、もっかい言ってて、おかしかったなぁ。


ほんと、
達者な役者さんに囲まれて、いい舞台だったな。

|

« 陽だまりの樹〈21日夜の部〉 | トップページ | 分とく山 津軽景色 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/54545448

この記事へのトラックバック一覧です: 陽だまりの樹〈東京千秋楽〉:

« 陽だまりの樹〈21日夜の部〉 | トップページ | 分とく山 津軽景色 »