« FR38〈最終回〉 | トップページ | 9時から5時まで »

2012/10/10

ツナグ

ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)映画「ツナグ」を鑑賞。

レディースデーとはいえ、平日午前の回はとっても空いていた。


死者をこの世に呼び寄せて、会わせてくれる“ツナグ”という使者。

そんな信じられないようなことをするという高校生が現れたら、
そりゃ、誰だってかつがれてると思うよな。

だから、遠藤賢一演じる畠田の態度はよくわかる。
あんなに疑っていても、ちゃんとホテルにやってくるのは、
騙されたとしても母親に会いたい、という強い思いからだね。

この他に2組の依頼が描かれるわけだが、
高校生のエピソードは、他の2件に比べて
自分が殺してしまった(かもしれない)という相手で、
あくまでも自分を擁護しようとするために呼び出すってのは、ちょっとなぁ。

けれど、
相手(死者)が了解すれば会うことができるというのは、
死者も納得いってないということなんだろうか。


それにしても、
両親を不可解な死でなくした歩美(松坂桃李)が、
素直に成長していることにびっくりする。
祖母アイ子(樹木希林)がよほど愛して育ててきたのだろう。


というわけで、原作が気になる映画だ。


|

« FR38〈最終回〉 | トップページ | 9時から5時まで »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/55862598

この記事へのトラックバック一覧です: ツナグ:

« FR38〈最終回〉 | トップページ | 9時から5時まで »