« レ・ミゼラブル〈5月12日昼公演〉 | トップページ | 新演出… »

2013/05/13

レ・ミゼラブル アフター・トークショー

e+貸切公演の上演終了後、

出演者からのあいさつと音楽監督・山口ひで也による、新演出版音楽解説があった。


出演者からのあいさつは、
ジャベール役の川口竜也さんとマダム・ティナルディエ役の森公美子さんが、
降りたばかりの緞帳の前に登場。

ほんの短い間だったけれど、
オートメーション化されたとか、音響がよくなったとか、
あと、
ジャベールの自殺シーンのからくり(?)のこととか、話してくれた。
(いつも怒っているようにと言われていたというモリクミさん、
そして"登場するときはいつも暗黒な曲が流れている"という川口さん)

どちらかというと、モリクミさんが語っていて、
(こういったのは慣れていない、と言っていた)川口さんは、おとなしく。。。


そして、
音楽解説として、"ビリー山口"さんが登場。
この方、
ほんと、話したくって仕方ないって感じ。なんだけど、
前置きがちょっと長くって、、、、興味津々な私は、首伸びっぱなしだったわ(笑)


山口さんの話を聞いて、今回、
ストーリーがちゃっちゃと進行していると感じていた理由が明らかになった。

すべては、

 盆がない

ことによるんだって。


今までは、
盆が回る時間を考慮して、
前奏が入っていたところが、今回はなくなっているそうだ。

だから、全体の進行が速いのね。
ファンティーヌの歌い方が変わっている、ってのは驚いたけど、なるほどなぁ。


新演出。

確かに、いろいろとわかるけれど、
やっぱり、
余韻とか、間がある方が、日本人にはうけるような気がするのだけど。。。。

〈memo〉
・音も全体的に変わっている。
・今回のファンティーヌは力強い(夢破れて)。今後、オーディションを受ける方は、旧演出のような歌い方だとダメだと言ってました。加えて、たくさんの応募をまっている、とも^^
・新演出では、オーケストラの編成も大きく変わっている。サックスはなくなっている。ただ1打のためにバケツも用意されている。
・ティナルディエの宿屋のシーンで、オーケストラはわざと下手に弾くように要求されている(酔っぱらっているような感じで、ということのようだ)
・ガブローシュ用の音の高い太鼓が用意されている。ガブローシュが登場しているときは、常に使われている。
 etc.


本日は、1部で話したいことの1/10しか話せなかったらしいのだが、
残りの9/10と、
2部の話も、ぜひぜひ聞きたいな~

で、
"役者に新・旧の歌を実際に歌わせて"っての、
ぜひ、やってほしい!!


次回、って、いつ!???


|

« レ・ミゼラブル〈5月12日昼公演〉 | トップページ | 新演出… »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/57372058

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル アフター・トークショー:

« レ・ミゼラブル〈5月12日昼公演〉 | トップページ | 新演出… »