« 武士の献立 | トップページ | 2014年 »

2013/12/26

ゴールデン・スパイ

ゴールデン・スパイ [DVD]ゴールデン・スパイ」を見る。

〈冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり〉で上映中の
劉德華(アンディ・ラウ)主演のもうひとつの作品。

原題は「天機 - 富春山居圖」、孫健君監督作の中国映画。


スパイものらしいのだが、
冒頭から、ドバイ、中国、東京、香港、、、、あとどこだったか
とにかく、舞台がころころと変わる。

"ドバイ"とか文字がでるからわかるけれども、
あまりにもめまぐるしくて、
始まってすぐに、そこがどこなのかわからなくなる。

富春山居図という中国の秘宝を奪い合う、というのはわかるのだが、
ほかが、いまいちわからない。
そもそも、
東京に居る"山本"がよくわからない。


"山本の城"とかいう、あの家、なんですかなぁ?

美女軍団とか、
何かトラウマを抱えているから、ああなった、みたいな話らしいけれども、
ちっとも響いてこないのだな。。。
不気味さは、十分に伝わってきたけれどもね。

ラスト、山本との対決、
なぜゆえ、フェンシングなの??


アンディは、香港警察の工作員らしいのだけど、
ず~っと北京語。(てか、吹き替えだけど)
香港に居たら、広東語じゃあないのかorz

林志穎(リン・チーリン)は
いったいいつ、何故アンディのことを愛したのだろう?
これも、なんかとってつけたような適当な感じだ。

・・・すべて、適当。

つまるところ、
乗り物や武器や道具は立派だけど、
ひたすら殺しあってばかりな感じで、
一体、何を伝えたいのかわからんかったなぁ。

スパイものだったら、「ライジング・ドラゴン」の方が、よほど納得いったよなぁ。


・・・・・・「こんなスゴイのつくれるんだぞぉ」
といいたいだけの映画??


ま、とりあえず、
見とかないと、
文句(?)も言えないから、見た、って感じな映画になってしまったなぁ(^_^;)。


|

« 武士の献立 | トップページ | 2014年 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/58824868

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデン・スパイ:

« 武士の献立 | トップページ | 2014年 »