« KANO 1931海の向こうの甲子園 | トップページ | 奇皇后 »

2015/02/02

隻眼で過ごす

日曜、
左目がごろごろ。

やがて、涙が止まらなくなっていたので、眼科へ駆け込んだ。


眼球にキズ。しかも、深くて重症といわれ、
眼帯を装着されることになる。

眼帯は、明日(の月曜)も、ということで、
隻眼で出社。。。。。はずかしい(>_<)

ただの眼帯ではなくて、
眼帯の下の脱脂綿は3本のテープでとめる。
このうち、2点をはずして
3時間おきに、軟膏を目に、じゅじゅじゅじゅ~と、、、、
これがうまくいかないのだけど、
見よう見まねで、なんとかすごす。

で、
いつものようにドラマを見ていたら

 え?? 眼帯って、オサレアイテムですか???

と、勘違いしてしまいそうに(笑)
杏も、長谷川博己も
眼帯装着なんですもの!!!


でもね、
明日は眼帯とはおさらばな私^^

ああ、テープのあたりか、眼がかゆい。。。。

|

« KANO 1931海の向こうの甲子園 | トップページ | 奇皇后 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/61076397

この記事へのトラックバック一覧です: 隻眼で過ごす:

« KANO 1931海の向こうの甲子園 | トップページ | 奇皇后 »