« 世界から猫が消えたなら | トップページ | 64 ロクヨン 前編 »

2016/05/30

世界から猫が消えたなら〈 舞台挨拶〉

というわけで、

映画上映後の豚挨拶は、「大ヒット御礼」ということらしく、

会場のほとんどは、
若い女性の、
つまりは、佐藤健ファンでうめつくされていた。
(ということを、舞台挨拶中に気づくのだった)


マスコミが入らない舞台挨拶って、なんとよいことよ!

でもって、
客席からの質問を受け付けるということで、
大勢のファンの子たちが手を挙げる。
(私も、映画のことをちょいと聞きたかったけれど、
場の雰囲気にのまれ、遠慮してしまった...)

ちょっとは、映画の内容などの質問があるかと思ったら、
いずれも(映画にはからめていた、とはいえ)
佐藤健のことが知りたい、知りたい!! ってな質問ばかりだったのは、
 なるほど~、若いなぁ、と。

で、
その健氏。

場なれしているというか、
ファンの扱いになれているという感じで、
驚いた。

以蔵とか、剣心をイメージしていたのだけれど)
今回の映画で“悪魔”が出てくるのだけれど、
こんなイメージなのね。


さて(映画とはあまり関係のない質問のなかから)
覚えているところを、備忘録として----

Q 俳優という職業が消えたら、何に?
A 進路を決める頃、何をしたいかまったくわからなかった。だから、どうしていたかわからない。

Q 猫派? 犬派?
A 猫派。犬ももちろん好きだけれど、ずっと猫のいる生活をしていた。動物で一番好きなのは猫。

Q ドラマ、舞台、映画、CMなどいろいろな仕事をしてきた中で、一番好きなのは?
A 映画

Q 共演の宮﨑あおいさんとの印象的な思い出は。
A いろいろと楽しかった。
  特にあげると、イグナスの滝に行ったとき、滝を抜けるツアーに行ったこと。
  3文字とか、有名人の名前、など、テーマを決めてしりとりをしたこと、などだけど、
  一番楽しかったのは演技をしているとき。

Q 佐藤健から見る、佐藤健のいいところ
A ご飯をたくさん食べる。ご飯をたくさん食べるところ。
  (これには、おおいに賛同、だわ)

|

« 世界から猫が消えたなら | トップページ | 64 ロクヨン 前編 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/63703197

この記事へのトラックバック一覧です: 世界から猫が消えたなら〈 舞台挨拶〉:

« 世界から猫が消えたなら | トップページ | 64 ロクヨン 前編 »